印象を変える

人は年を取るに連れて身体の機能がどんどんと衰えてきます。肌を支える力も徐々に衰えはじめ、顔全体にたるみが出てきます。頬や目の下にたるみが出来てしまうと、顔の印象も良くなく、実年齢よりも老けて見られてしまいます。お腹のたるみなどは、食事制限や適度な運動によって改善する事が出来ますが、目の下のたるみというのは、なかなかキレイに改善する事が難しくなってきます。美容外科では、治しにくい目の下のたるみも、手術によってキレイに除去する事が出来ます。

美容外科では、注射治療やレーザー治療といった様々な方法でたるみを除去してくれます。数ある治療の中でも、最も効果的とされているのが、「脱脂術」と呼ばれるものです。脱脂術とは、名前の通り、目の下に溜まっている脂肪を取り除く手術です。脂肪を直接取り除くので、一回の施術ですぐにたるみは除去され、スッキリとした目元になります。

目の下のたるみは、大きく二つの原因に分かれて表れます。その原因となるのが、「表皮を支える真皮のへたり」、「眼窩脂肪の突出」です。「表皮を支える真皮のへたり」は、コラーゲンやヒアルロン酸の減少が原因となって出来るたるみです。このたるみは中高年の女性に多く見られます。「眼窩脂肪の突出」も中高年の女性に多く見られる症状であり、眼窩脂肪を支える筋肉が衰えて起こる症状です。眼窩脂肪による影響は、たるみだけではなく、目の下のクマも作ってしまうので、注意が必要です。